正しいニキビ洗顔料の選び方

ニキビ用の洗顔料というのはかなり多く出回っています。ですが少し疑問に思ったことってありませんか?普通の洗顔料とは何が違うのでしょうか。

ニキビ用洗顔料といったものにはピーリング成分が実は入っている場合が多いのです。主にグリコール酸と呼ばれるものや酵素が含まれている場合が多いです。美容クリニックのケミカルピーリングと同じく皮膚の一番上の角質層をやわらかくする石鹸が売られたりしていますが、成分や濃度には気をつけるようにしましょう。

強いといきなり肌荒れを起こしてしまうケースも多々あります。逆に一気に治る人も多かったりしますが。。。つまりニキビ用洗顔せっけんといっても効果は人それぞれだということになります。

これは色々試したり、製品情報を吟味して選ぶ必要がでてきます。ニキビができやすい時期や肌が綺麗な時期などニキビのでき方も人それぞれですよね。

万人に当てはまるニキビ用化粧品などはないと思っても良いと思います。ではどんな商品を選ぶのがリスクが低いのかだけ、今回は説明したいと思いますので、これを基準に自分にあったニキビ用洗顔料を選んでみてください。

  • 酸の濃度が明確に表示されている。
  • 酸の濃度に種類がしっかりとある。表示されている。

上記に当てはまる洗顔せっけんであればまずリスクが少ないと思ってもらってOKです。

nikibiyou-5

いきなり高濃度な石鹸や濃度調節ができないような洗顔石けんは最初は控えるべきです。少量ですがピーリング成分が入っているので。

ピーリングとは厚生労働省が認めた医療行為でもあるのです。医療機関で行われるものは酸の濃度も強いですが、専門的な知識をもった医師がしっかりと肌質などを見極めて行うのでいいのですが、素人が強力な洗浄力のものを使用するとかえって悪影響を与えやすいものですので、注意がすごく必要となります。

覚えておいて損はない選び方だと思いますよ(;´∀`)